2012年09月24日

富士ふもと村キャンプ

うじゃっくの前日、富士山のふもと朝霧高原にある
『富士オートキャンプ場ふもと村』でキャンプをしました!

P1030202.jpg

今回はなぜか忘れ物だらけのキャンプになってしまったので
途中泣きそうになりましたが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
(ダンナさんは大物一つ、あとは全部私担当の忘れ物・・・)

とてもいいキャンプ場だったので忘れ物のことは忘れて(次回のつなげて)
すごく楽しめました顔(笑)


この日は三連休ということもあり、結構混んでいる感じでしたが
こちらのキャンプ場はフリーサイトではなくちゃんと区画が決まっていて
しかも一つの区画が広いので快適に過ごせました


まずは、設営開始!

この時点で最初の忘れ物発覚exclamation×2
なんと、大物のテーブルを忘れてしまいました!

持ってきたガスコンロの入れ物とか、いろいろなものでテーブルもどきを作ろうと思いましたがうまくいかず
結局管理棟にレンタルはないか聞いてみることに

やさしい管理人ご家族が私物のテーブルを無料で貸してくださり
なんとか、このピンチを乗り切りました顔(汗)

しかし、そのあともお箸やら包丁やらその他もろもろ
本当に忘れ物の多いキャンプでした・・・

P1030156.jpg

借りてきたテーブルを設置し
そのあとは軽く昼食をとり、サイトのまわりを散策

最近は雨が少ないので干上がってしまっているそうですが
場内に小川や滝もあります

私達のサイトの近くの川の跡

P1030157.jpg

水があったらわんこも小川で遊べるそうです
(滝より上はダメだよ〜と管理人さんに言われました)


散策の時にキャンパー専用の登山ルートを見つけたので
挑戦してみることにしましたグッド(上向き矢印)

往復1時間コースと2時間コースの2種類ありましたが
暗くなると危険なので1時間コースに

しかし、私この登山コース甘くみていました
結構険しい難所がたくさんあり途中挫折しかけ
何度も諦めようとしました・・・顔(汗)
(結果、本当に1時間コースを選んで正解でした・・・)

最初は普通の地元鎌倉のハイキングコースにあるような林の中のコース

P1030159.jpg

カメラのホワイトバランス設定を間違えて、不思議な色の写真になってしまいましたが
これはこれで、いい写真になりました

この時点ではカメラをいじったり、写真を撮ったりと余裕がありましたが
この後、だんだんと高低差のある険しいコースにがく〜(落胆した顔)

チェリー隊長とダンナさんは余裕でひょいひょい登っていましたが
私は両手も使って慎重に頑張りました・・・
そのため、スタートからすぐの時点でカメラをダンナさんに託したので
このあとは、ほとんど写真はありません・・・


ということで、急に頂上ぴかぴか(新しい)

P1030170.jpg

この日は曇っていたので富士山は見えませんでしたが
晴れていれば綺麗に見えるそうです

残念ながら富士山の写真は撮れませんでしたが
頂上まで登れたことの達成感で最高の景色でした

早々着いてしまったチェリー隊長はすでに休憩中

P1030169.jpg

頂上で少し休憩したあと、また高低差の激しいコースをくだっていきます

登りよりもくだりの方が、滑りやすくて大変でしたあせあせ(飛び散る汗)

そんなへっぴり腰でおりているところを激写されてしまいました顔(汗)

P1030173.jpg

何回もすべって転びそうになりながら、なんとか下山

出発前に管理人さんにウォークラリーのチェックシートの様な物を
(私はそんな余裕はなくそのシートを全く見てないのでどういうものかわかりません・・・)
また管理人さんに返しに行きました

無事に登山を達成した記念にポストカードをいただきましたわーい(嬉しい顔)

管理人さんからは「早かったね」と言われたそうで
これもチェリー隊長のリードのおかげです顔(イヒヒ)


写真が多くなってしまったので、また次回に・・・




読んでいただき、ありがとうございますぴかぴか(新しい)

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
上ポチッとして頂けると嬉しいでするんるん

ニックネーム ひろ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3280939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック